« 草野球@横浜スタジアム | トップページ | 【競馬予想】9/17(土) »

2005年9月15日 (木曜日)

競馬予想理論(3)

今回は、「馬券を絞る」がテーマです。

1.馬券は絞る方が儲かる!
競馬に使える資金に限りのある私の場合、1レースへの投資金額はわずかです。
ですから、万馬券を狙って、多点買い・・・なんてのは無理です。だって、50点なら最低でも\5000・・・これじゃ、持ちません。ということで、なるべく買い目を絞り、厚めに勝負というのがスタイルになっています。
そもそも、馬券を当てたいという気持ちがあるとついつい押さえ馬券が多くなりがち・・・
以前は私もそうでした。結果、メリハリが無く、勝っても大勝は少なかった気がします。
ある日、友人と一緒に競馬場に行った時のこと・・・
彼は、終日、2~3点の勝負に徹していました。なかなか当たらないようでしたが、的中した1レースでその日のプラスを確定させました。あとで馬券を見てみると、あと1点、2点買っていれば当たったレースもあり、「もう少し買えば?」と言うと・・・
彼は、「あと1点買えばのレースもかすりもしないレースもはずれははずれ。そういうこともある。それより買い目を増やして、的中した時の回収が下がる方が損。」
この時の「はずれははずれ。」「そういうこともある。」という言葉で自分のメンタルの弱さを痛感し、なぜ勝てないのか理解しました。そして、自身を持って馬券を絞ることはじめ、回収率は大幅に改善しました。

2.馬券の絞り方
私は、データ重視のタイプです。データに基づく再現性のある根拠を常に意識しています。そこで色々なデータを調べましたが、オッズはかなり有用であることがわかりました。
しかし、オッズはその時にならないと入手できないデータで、終日家にこもるわけにはいかない身分なので、断念。変わりにオッズに近いデータとして「日刊コンピ」を活用することにしました。

下の表は、頭数別、トラック別に日刊コンピの順位をランク分けしたものです。
(数字以下がそのランクに該当)
関東は、関東+北海道。関西は関西です。
A馬:全レースの90%以上の確率で必ず1頭は連対。
A/B馬:全レースの90%以上の確率でA/B馬が1着。
A/B/C馬以外:全レースの内、10%未満しか連対するレースがない。

【コンピ順位:関東】

【コンピ順位:関西】

頭数

頭数

1

-

-

-

1

-

-

-

2

-

-

-

2

-

-

-

3

-

-

-

3

-

-

-

4

-

-

-

4

-

-

-

5

2

4

5

5

3

4

5

6

2

4

5

6

3

4

5

7

2

4

5

7

3

4

5

8

2

4

5

8

3

4

5

9

3

6

7

9

3

6

6

10

3

6

7

10

3

5

7

11

3

6

8

11

4

6

7

12

4

6

9

12

4

7

9

13

4

7

10

13

4

7

11

14

5

8

10

14

4

8

10

15

4

7

10

15

4

7

9

16

5

7

10

16

4

10

11

17

5

8

12

17

6

8

13

18

5

9

12

18

5

10

13

頭数

頭数

1

-

-

-

1

-

-

-

2

-

-

-

2

-

-

-

3

-

-

-

3

-

-

-

4

-

-

-

4

-

-

-

5

2

4

5

5

3

3

5

6

2

4

5

6

3

3

5

7

2

4

5

7

3

3

5

8

2

4

5

8

3

3

5

9

2

6

6

9

3

3

7

10

4

6

8

10

3

5

7

11

3

6

8

11

4

5

8

12

5

7

9

12

4

7

8

13

4

7

9

13

3

5

9

14

4

7

9

14

3

7

9

15

4

8

10

15

5

9

10

16

4

7

10

16

5

8

11

17

-

-

-

17

-

-

-

18

-

-

-

18

-

-

-

3.馬券への活用
・単勝:A/B馬を狙う。C馬以下の単勝は買わない。
・連勝:A馬は必ず絡める。A馬が絡まない確率は10%未満。
     A-A/A-B/A-Cの組合せが全体の90%以上

むらけんの方法としては、
B馬/C馬から、軸馬を探す。(見つからない時は、当然見送り)
もし見つかったら・・・以下の方法で勝負馬券を組み立てる。
・B馬軸
  単勝:B馬
  馬単/馬連:B馬→A馬
・C馬軸
  複勝:C馬
  馬連/ワイド:C馬→A馬
当然、馬により馬券の買い方は変えています。また、相手のA馬の中に3着以内が絶対に堅い場合などは、3連復なども買う場合もあります。
この辺の馬券の組立ては、久根崎氏(Targetの作者)の著書などを参考にされると良いかも知れません。

このA/B/C馬の区分けは、意外と約に立ちます。自分のスタイルに合わせて活用されてはいかがでしょう。まぁ、この区分けで失敗もありますが、そういう時もある!と強いメンタルで構えればいいときも来ます。

B/C馬の軸馬の狙い方は次の回以降で・・・
そろそろ予想も載せたいですが、公私とも忙しくて・・・(>_<)
機会を見て、予想も載せます。

|

« 草野球@横浜スタジアム | トップページ | 【競馬予想】9/17(土) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124414/5951020

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬予想理論(3):

« 草野球@横浜スタジアム | トップページ | 【競馬予想】9/17(土) »