« 横浜FCのこと | トップページ | クリスマスツリー »

2006年11月29日 (水曜日)

「逃げる」と「避ける」について

最近のニュースは、国会議員の復党問題といじめ自殺の話題が多い。
国会議員の方は、戻す方も戻る方も筋が通らない。言葉は悪いが「目くそ鼻くそ」だな。
次回の選挙では、「悪党党(浜田幸一)」とでも書いて投票しようかと本気で思う。
浜田氏の本を読んだが、非常に面白く筋も通っていた。
一方、いじめ問題だが、どうも論点が違う気がする。いじめは悪いことだとは思うが、人間が集団でいる限り無くなる事はないと思う、無くすことよりどう対処するのか処世術を身に着ける方が大事だと思う。

処世術ということについてだが、自分は「逃げる」ということが非常に嫌いだ。なんでも「逃げる」は男のすることではないと思っていた。
しかし、今の自分は「逃げる」状況に入っている。そして、自分を情けないと責めていた。
でも、最近読んだ本で「逃げる」と「避ける」違いが書いてあった。
自分の置かれている状態は「逃げる」ではなく「避ける」ことなんだって思ったら、少し気持ちが楽になった。

いじめられて死ぬくらいなら、政治家くらい厚顔無恥になって堂々と「避けよう!」
そうして解決していくこともあるはず。。。

自分の課題の出口はもう少しのところ。時間が少しづつ解決してくれている。

|

« 横浜FCのこと | トップページ | クリスマスツリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124414/12871764

この記事へのトラックバック一覧です: 「逃げる」と「避ける」について:

« 横浜FCのこと | トップページ | クリスマスツリー »