« 【競馬予想】共同通信杯 | トップページ | 【予想結果】予想指数の成績(2/22~24) »

2014年2月24日 (月曜日)

【予想結果&回顧】フェブラリーステークス、ダイヤモンドステークス、小倉大賞典、共同通信杯

さぁ、週末の重賞レースの予習を始めましょう!

中山記念(2014)

阪急杯(2014)

アーリントンC(2014)

人気ブログランキング


週末の『競馬予想結果』です。

今週は久々に予定通り&良馬場開催となりました。
馬券的にもマズマズの配当があり、
プラス収支と好調でした。(^^♪


=2014年2月22日=

〔 東京10R ヒヤシンスS 〕
1着-エキマエ        (指数12位)
2着△メイショウパワーズ(指数5位)
3着△メイショウシンシア(指数3位)

9着軸リーゼントロック    (指数2位)

馬券はずれ

〔 東京11R 第64回ダイヤモンドS 〕
1着軸フェイムゲーム    (指数1位)
2着△セイクリッドバレー(指数4位)
3着△タニノエポレット    (指数3位)

馬連的中!


=2014年2月23日=

〔 東京11R 第31回フェブラリーS 〕
1着-コパノリッキー    (指数16位)
2着△ホッコータルマエ    (指数5位)
3着軸ベルシャザール    (指数1位)

馬券はずれ

〔 小倉11R 第48回小倉大賞典 〕
1着軸ラストインパクト    (指数1位)
2着△カフナ        (指数4位)
3着△ブレイズアトレイル(指数6位)

馬連的中!

〔 京都11R 洛陽S 〕
1着軸ノーブルジュエリー(指数1位)
2着△サワノパンサー    (指数5位)
3着△カオスモス    (指数6位)

馬連的中!


=2014年2月24日=

〔 東京11R 第48回共同通信杯 〕
1着軸イスラボニータ    (指数1位)
2着△ベルキャニオン    (指数3位)
3着△サトノアラジン    (指数2位)

馬連的中!


競馬ブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックをお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ





〔 東京11R 第31回フェブラリーS 〕

=レース回顧とメモ=

勝ったのは最低人気のコパノリッキーでした。
2番手で楽に折り合って追走できました。
時計の速いコースで上がりの切れ勝負もこの馬に向いていました。
この馬は自分の形になった時は強いですね。
今回は完敗です。<(_ _)>

2着はホッコータルマエ
競馬としては完璧なのですが、惜しくも2着です。
東京コースよりはもっと深いダートの方が合っており、
上がり勝負になったのは不利でした。
もう少し早く仕掛けても面白かったかもしれません。

3着は軸馬ベルシャザールでした。
スタートがいまひとつで位置取りが後ろになりました。
よく差してきていますが、位置取りが悪かったです。

=レース後コメント=

1着 コパノリッキー(田辺騎手)
「今日はただでさえ長い東京の直線が長く感じられました。ホッコータルマエのメンコがちらついて、ある程度で止まってくれて、あともうちょっともうちょっとと思いながら追っていました。よく凌いでくれました。今日は小細工なしに正攻法で行きましたが、絡んでくる馬もおらず、ペースも落ち着いて、道中の手応えも抜群でした。それが最後の伸びにつながったと思います。最後まで止まらず、よく走りきってくれました。帰ってくる時も引っ掛かるくらいの手応えでした。初めてのGIを勝たせてくれて、馬にありがとうと言いたいです」

2着 ホッコータルマエ(幸騎手)
「自分の形でレースは出来ましたが、最後はどうしても前との差が詰まりませんでした。勝った馬をほめるしかありません。意識のほとんどは後ろの馬においていましたが、コパノリッキーに意識をおいていたとしても、交わせていたかどうか...という感じです。それでも今日は集中して走ってくれていました」

(西浦勝一調教師)
「まさか、勝った馬にここまで粘られるとは...。前を行く馬が実力馬、人気馬なら意識しなければいけませんが、無理につかまえに行けば後ろに差されてしまいますし、幸騎手は完璧な騎乗をしていました。勝った馬が今日は強かった。ドバイには予定通り向かいます。昨年の代表馬(ベルシャザール)も負かしています。この馬は一度負けた馬には二度と負けないんです」

3着 ベルシャザール(C・デムーロ騎手)
「ゲートの出が甘く、スタートで遅れる形になりました。ペースが遅く、外々を回る形でした。前にブライトラインがいて、それを追う形でレースを進めました。終い勝負になった分、きつくなりました。1600mは短いです。もっと長い方がいいと思います」

5着 ブライトライン(福永騎手)
「ペースが遅かったので、自分から動きました。ホッコータルマエを見ながら、悪くない感じで進められました。しかし、直線で左にモタれてしまいました。それがすべてです。まっすぐ走っていたら、勝ち負けだったと思います」

6着 ワンダーアキュート(武豊騎手)
「馬は元気一杯で、具合も良かったのですが、外枠の競馬になりましたね...」

7着 ダノンカモン(三浦騎手)
「馬は落ち着いていて、いい位置でリズム良く運べました。良かったです。まだ若いですし、頑張ってくれています」

8着 ニホンピロアワーズ(酒井騎手)
「ホッコータルマエとワンダーアキュートを見ながら進めて、位置取りは悪くありませんでした。道中のペースが遅いと思いました。結果的に積極的に行っても良かったです」

9着 ドリームバレンチノ(岩田騎手)
「折り合いをつけて行きましたが、結果的に前残りの競馬になりました。この馬も伸びて来てはいるのですが...」

10着 ゴールスキー(ベリー騎手)
「スタートの部分が芝で、そこでの走りが良くなく、後ろの位置になって、遅れてしまいました。芝の部分が終わってハミを取って行きましたが、スローペースで行き場所がなくなってしまいました。スタートからダートのコースなら、GIレースでも活躍出来ると思います」

12着 ソロル(ブノワ騎手)
「1600mで、しかもGIという条件はきついです。1800mや2000mで走るようなペースでは行けません。追いかけ通しでした。精一杯走ったと思います。1800mか2000mならもっと活躍出来るでしょう」

13着 ベストウォーリア(浜中騎手)
「ポジションとしては、ある程度考えていた通りでした。ペースが遅く、団子状態でした。内枠だと自分から動きにくいですね。能力は絶対にあります。明け4歳で、どんどん成長しています。今後もいいレースをして欲しいです」

14着 アドマイヤロイヤル(四位騎手)
「調教師からは、スローになるだろうから前めで競馬するように、と言われていました。しかし、スタートで内と外の馬に寄られてしまいました。しかもポジションを上げて行くには外々を回らなければいけませんし...」


〔 東京11R 第64回ダイヤモンドS 〕

=レース回顧とメモ=

勝ったのは軸馬フェイムゲームでした。
結果的にはこの馬の能力が抜けていたということです。
強い相手にどれだけやれるか、次走以降が勝負ですね。

=レース後コメント=

1着 フェイムゲーム 北村宏司騎手
「道中は腹をくくって折り合いに専念して、ペースアップのときに遅れないように気をつけました。思ったより早めに抜け出してしまい、ソラを使ってフワフワしていましたが、よくがんばってくれました」

2着 セイクリッドバレー U.リスポリ騎手
「レース前はこの距離がこの馬には長いと思っていたので、レースでは内にこだわりました。頭数が少なく、内枠ということもあって、うまくパワーをセーブできました。最後の直線まで抑えて、他の馬がバテたときに行こうと思っていましたが、勝ち馬にビュッと来られてしまいました。勝ち馬は強かったです。一瞬よれるところもありましたが、そこからもうひと伸びしてくれましたし、この長い距離も向くのだなと思いました」

3着 タニノエポレット 岩田康誠騎手
「前々で行こうと思っていましたが、進んでいかず、あの位置になりました。最後の直線に入るまで待って、その後はグーッと来たのですが、直線半ばで頭が上がってしまいました」

4着 ラブラドライト 酒井学騎手
「注文をつけてハナに行って、自分のペースで行けました。前走より400m延びているのでジワッと行きました。最後もしぶとく抵抗しています。前走のようにスタートして100mぐらいまで離して、一旦ひきつけて、また突き放す競馬がよかったかもしれません。長くしぶとい脚を使えますし、自己条件では通用する力はあります。また期待したいです」

8着 アドマイヤバラード 内田博幸騎手
「相手も強くなって、この距離も初めて。このレースをいい経験にして欲しいです」

9着 セイカプレスト 津村明秀騎手
「北海道のようなソフトな馬場がいいです。今日のような硬い馬場はよくありません。あと、さすがにこの距離は長いです」


〔 小倉11R 第48回小倉大賞典 〕

=レース回顧とメモ=

勝ったのは軸馬ラストインパクトでした。
スタートでは後方につけましたが、流れが遅いと判断して早めに先頭に立ちそのまま押し切る強い内容でした。
鞍上の判断、それに応えた同馬。
いよいよ本格化といった感じで次走以降も楽しみです。

2着はカフナ
休み明けでまだ余裕残しでしたが、2着を確保しました。
重賞で好走していた実力馬ですね。

=レース後コメント=

1着 ラストインパクト(川田騎手)
「人気になっていましたし、勝てて良かったです。行きっぷりのいい馬ですから、距離的には1800m~2000mくらいが合っていると感じていましたから、心配はありませんでした。スタートで遅れて位置取りが悪くなってしまいましたし、ペースも遅かったので、向正面で外に出すと馬が行く気になったので、そのまま行かせました。まったく想定はしていませんでしたが、無理せず行けましたし、あとは馬のリズムを大切に乗りました。リズム良く走れていましたし、手応えも良かったですから、後続につかまることはないと思っていました。ここまで一戦毎に力をつけていますし、こうして重賞を勝てたのですから、今年はもう一段、二段とステップアップしてもらいたいと思います」

2着 カフナ(藤岡康騎手)
「いい位置が取れましたし、上がって行く感じも良かったです。勝った馬が強かったですね。久々、トップハンデで、よく頑張っています」

3着 ブレイズアトレイル(丸田騎手)
「スタートで遅れ、1~2コーナーでペースが落ちた時にハミを噛んでしまい、位置取りが悪くなってしまいました。力はあります」

5着 アロマティコ(北村友騎手)
「終いはよく来ていますが、ペースが遅かったですね。切れる脚は持っていますし、力のあるところは見せてくれました」

7着 カルドブレッサ(藤岡佑騎手)
「馬の出来はすごく良く、あとはこの内枠がどう出るかでした。極端なスローペースとなってしまったので動いて行きましたが、タメて行った方が伸びる馬。今日は展開と枠に尽きますね」


〔 東京11R 第48回共同通信杯 〕

=レース回顧とメモ=

勝ったのは軸馬イスラボニータでした。
やはり能力が違いましたね。
着差以上に余裕があったと思います。

2着はベルキャニオン
今回レースぶりに進歩が見られました。
今回の競馬ができれば上位と互角に戦えると思います。

3着はサトノアラジン
能力はありますが、乗るのが難しそうな馬ですね。
レースが上手になれば、もっと好走できると思います。

=レース後コメント=

1着 イスラボニータ 蛯名正義騎手
「(サトノアラジンが動いたときも)こちらは余裕でした。出して行ったときにスッと追いつきました。手応えもありますし、動きやすかったです。スタートが上手になってきて、むしろ折り合いをつけるのが大変でした。ハナに行く勢いでしたが、馬の後ろにつけて馬群の中に入りました。順調にひと冬を越して、今年の緒戦としては100点満点です」

栗田博憲調教師のコメント
「今日は同じ1800mでもゆとりのあるレースでした。3ヶ月の休養を挟んでこの内容ですから、満足しています。体は大きく増えているわけではありませんが、首周りがたくましくなって、充実しています。今後プラスアルファがあるかはわかりませんが、クラシックへ自然体で向かいたいです」

2着 ベルキャニオン 福永祐一騎手
「今日は相手の完成度の高さもあって2着に敗れましたが、本当に楽しみな馬です。スタートやフォームなどまだ課題がある分、伸びしろもありますし、相当高い能力を持っており、GIでも活躍できる馬だと思います」

3着 サトノアラジン 岩田康誠騎手
「スタートで出た分、その後流していってしまい、道中窮屈になりました。結果的に先手をとって行った方がよかったです。力はある馬です」

4着 マイネルフロスト 三浦皇成騎手
「2コーナーで他の馬にくっつけられて、エキサイトしてしまいました。それがすべてです。終いも脚のある馬で、動ける位置にいたのですが、行きたがるのをなだめるのがやっとでした」

5着 ピオネロ U.リスポリ騎手
「3、4番手につけるつもりでしたが、最初のコーナーで窮屈になり、真ん中より後ろの位置取りになりました。脚をためる場がありませんでした。個人的に好きな馬で、アクションが大きく、ルーラーシップに似ています。ぜひ2400m以上の距離を使って、ダービーを目指してもらいたいです」

6着 ハギノハイブリッド 藤岡佑介騎手
「雰囲気がよかったです。イスラボニータの後ろぐらいにつけたかったのですが、最初のコーナーで不利があって下げる形になりました。エンジンがかからず、前とは離されてしまいましたが、エンジンがかかってからはすごい脚でした。いいものを持っていますし、東京向きです。今後は緩急がつけられるかが課題です」

7着 ローハイド 戸崎圭太騎手
「よく伸びています。初めて乗ったのですが、少しテンションが高いかもしれません。レースではしっかりと走ってくれました」

8着 ショウナンワダチ 北村宏司騎手
「出し気味に行ってもあの位置でした。脚は使っているのですが、目立つほどのものではありませんでした。坂を上がってから苦しくなりました」

9着 ラインカグラ 田中勝春騎手
「いいリズムで、途中まで踏ん張っていました。よかったんですけどね......」

12着 ガリバルディ 浜中俊騎手
「最初のコーナーの入りで、頭を曲げてかかってしまいました。外枠でしたし、ある程度前にカベを置くポジションにつけようと思っていました。しかし、向正面では走る気がなくなっていました。4コーナーでも反応せず、周りに他の馬が入ってきて、スペースもなくなりました。余力がありませんでした。難しいタイプのようです」


この記事が参考になった方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ



|

« 【競馬予想】共同通信杯 | トップページ | 【予想結果】予想指数の成績(2/22~24) »

コメント

迷った時に参考にさせてもらってます。コパノリッキーは買えない(笑)

投稿: ゆう | 2014年2月24日 (月曜日) 23時38分

ゆうさん、コメントありがとうございます。<(_ _)>

更に成績を上げるべく頑張ります!
これからもよろしくです。

投稿: むらけん | 2014年2月25日 (火曜日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124414/59193211

この記事へのトラックバック一覧です: 【予想結果&回顧】フェブラリーステークス、ダイヤモンドステークス、小倉大賞典、共同通信杯:

» 2014年 フェブラリーS(GI)の予想結果と回顧~(東スポの占い馬券が田辺裕信騎手騎乗のコパノリッキーの勝利を予言) [翼のインサイト競馬予想]
2014年 フェブラリーステークスの予想結果と回顧をしてみたいと思います。 レース動画 2 [続きを読む]

受信: 2014年2月25日 (火曜日) 10時06分

« 【競馬予想】共同通信杯 | トップページ | 【予想結果】予想指数の成績(2/22~24) »