« 【競馬予想結果】大阪杯、ダービー卿CT | トップページ | 【競馬予想結果】予想指数(4/4~5) »

2020/04/05

【答え合わせ】基本的に日本人の競馬予想力は変わっていない。

先日、アップした記事

『日本人の競馬予想力は年々衰えている!』

の答え合わせを行います。

他にも答えがあるので、これが正答とは限りませんが・・・一例です。

 

問題点①

出走馬の頭数でスクリーニングしていない。

問題のデータを見ると、JRAがレース数を増やしていることがわかると思います。生産馬の数も大きく増えています。

当然ですが、10頭立てと、16頭立てでは、連対率も後者の方が下がります。

それでは、頭数でスクリーニングしてみます。
14頭以上と限定した場合の結果は以下のようになります。

image

年・年月    着別度数                            勝率  連対率 複勝率
----------------------------------------------------
2019年      612- 365- 274- 804/2055   29.8%  47.5%  60.9%
2018年      670- 392- 275- 887/2224   30.1%  47.8%  60.1%
2017年      735- 428- 284- 874/2321   31.7%  50.1%  62.3%
2016年      749- 433- 298- 876/2356   31.8%  50.2%  62.8%
2015年      693- 454- 277- 930/2354   29.4%  48.7%  60.5%
2014年      736- 422- 308- 946/2412   30.5%  48.0%  60.8%
2013年      719- 427- 293- 906/2345   30.7%  48.9%  61.4%
2012年      701- 449- 284- 917/2351   29.8%  48.9%  61.0%
2011年      651- 412- 283- 878/2224   29.3%  47.8%  60.5%
2010年      741- 424- 294- 890/2349   31.5%  49.6%  62.1%
2009年      718- 440- 303- 946/2407   29.8%  48.1%  60.7%
2008年      773- 415- 302- 902/2392   32.3%  49.7%  62.3%
2007年      644- 434- 275- 819/2172   29.7%  49.6%  62.3%
2006年      670- 420- 267- 865/2222   30.2%  49.1%  61.1%
2005年      673- 376- 258- 764/2071   32.5%  50.7%  63.1%
2004年      646- 376- 249- 760/2031   31.8%  50.3%  62.6%
2003年      711- 433- 283- 829/2256   31.5%  50.7%  63.3%
2002年      726- 410- 302- 806/2244   32.4%  50.6%  64.1%
2001年      633- 355- 240- 747/1975   32.1%  50.0%  62.2%
2000年      589- 315- 174- 672/1750   33.7%  51.7%  61.6%
1999年      460- 325- 179- 595/1559   29.5%  50.4%  61.8%
1998年      489- 284- 196- 616/1585   30.9%  48.8%  61.1%
1997年      459- 288- 166- 593/1506   30.5%  49.6%  60.6%
1996年      405- 240- 173- 563/1381   29.3%  46.7%  59.2%
1995年      420- 234- 158- 516/1328   31.6%  49.2%  61.1%
1994年      372- 205- 142- 442/1161   32.0%  49.7%  61.9%
1993年      327- 204- 115- 442/1088   30.1%  48.8%  59.4%
1992年      323- 184- 138- 420/1065   30.3%  47.6%  60.6%
1991年      278- 166- 104- 326/ 874   31.8%  50.8%  62.7%
1990年      265- 169-  93- 388/ 915   29.0%  47.4%  57.6%
1989年      227- 174-  85- 351/ 837   27.1%  47.9%  58.1%
1988年      247- 127-  95- 311/ 780   31.7%  47.9%  60.1%
1987年      230- 106-  77- 285/ 698   33.0%  48.1%  59.2%
1986年      213- 129-  66- 264/ 672   31.7%  50.9%  60.7%
----------------------------------------------------

2002年以前は、14頭立て以上のレース数が少ないことがわかります。だから連対率が高くなっていた。

 

問題点②

私が恣意的に右肩下がりだったデータを強調した見せ方をしている。

上記のグラフでも上下が大きいように感じますが、縦軸のスケールを変えると・・・

image

同じデータでも印象が変わります。

元データのグラフも同様に見てみます。

image

image

かなり印象が変わります。

 

最近、コロナ関連でグラフを良く見ますが、恣意的な見せ方が横行しているように思えます。

某マスコミなどでは、中国との比較で、
縦軸を万単位と百単位のグラフを併用してみせていました。

明らかに恣意的です。

正しく、グラフやデータをみるスキル、リテラシィを身に着けることが必要とされていますし、提示されたデータを疑う癖をつけておくべきと考えています。

コロナウィルス関連では、以下の記事などが有用かと思います。

https://bit.ly/2V2F9yv



重賞レースの情報チェックはこちらへ!
馬券のヒントが満載です。

▼ 重賞レース情報 ▼

第80回桜花賞

第63回サンケイスポーツ杯阪神牝馬S

第38回ニュージーランドT


▼ 応援の1クリックお願いします ▼
 

 にほんブログ村 競馬ブログへ 

|

« 【競馬予想結果】大阪杯、ダービー卿CT | トップページ | 【競馬予想結果】予想指数(4/4~5) »